2008年7月10日木曜日

「食の安全・安心ブランド調査2008」外食1位は「モスバーガー」、上昇率1位は「吉野家」 - TOPICS - 日経レストラン ONLINE

意外な結果だと思う。ニッポン人も捨てたものではない。消費者は賢いのだ:
「食の安全・安心ブランド調査2008」外食1位は「モスバーガー」、上昇率1位は「吉野家」 - TOPICS - 日経レストラン ONLINE: "最も上昇率が高かったのが、「吉野家」。上昇に結びついたのが「トラブル時対応に優れる」という項目での飛躍。牛丼24時間提供再開など、BSE問題を一つひとつ解決していく様子が評価されたようだ。特に女性の理解が進んできている(この記事は「日経レストラン」2008年6月号のコラム「食の安心・安全」を転載したものです)。"

外食チェーンは、独自の食材調達ルートを持っているから、下手な「良心的」なお店よりも安心と言うことか。ドトールやマクドも健闘している。以下順位表:


吉野家やマクドは、都市貧乏人の強い味方。ノーソン利権集団のテロやイジメにめげず頑張れ!

2 件のコメント:

Shira さんのコメント...

消費者が抱く「像」をうまく作り上げたという印象を受けますね。

自動車だと Volvo でしょうか。「安全」で徹底的に売りこんだので、実はもっと安全な Mercedes-Benz よりも安全のイメージが高い...(自動車レーサーは 自分の移動には
Benz を好むとか)。

余丁町散人 さんのコメント...

ブランドに弱い人が多いからブランドを偽装する「犯罪」が続くんですね。○○産ウナギとか。ウナギは絶対「中国産」しか買わない。騙される心配がないから。